お問合せ電話番号

【愛知県】ひとり親家庭を応援!使える貸付制度と相談窓口をご紹介





●原則無利子で、いろいろな目的に使える貸付制度があります

コロナウイルスの流行で仕事が無くなったり、学校の休校で食費や光熱費がかさんだり…。

母子家庭・父子家庭の皆さんは特に大きな不安や経済的な負担を抱えているのではないでしょうか。

愛知県にはそんな皆さんを応援する「母子父子寡婦福祉資金の貸付け」という制度があります。

20歳未満のお子さんがいるひとり親家庭の皆さんは、ぜひチェックしてみてください!

原則として無利子で貸付けが受けられます。(※審査があります。※保証人がいない場合は有利子)

例えば高校の学費などとして27,000~52,500円、進学のための準備費用として150,000~590,000円が借りられます。

そのほかにも、子どもやお父さん・お母さんが就職のために自動車の運転免許を取るための資金や、自営業の方の運転資金の貸付けもあります。

◆母子父子寡婦福祉資金の貸付け(愛知県ホームページ)

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/jidoukatei/0000011021.html

●気になったら、早めにご相談を!

貸付けのご相談・お申し込みはお住まいの市役所の母子・父子自立支援員へ(町村の場合は福祉相談センターへ)。

申請書の提出から貸付金の支払いまでに約3ヶ月かかるため、気になる方は早めにご相談ください。

◆各市町村のお問い合わせ先(愛知県ホームページ)

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/jidoukatei/0000076581.html

●民間の相談窓口もあります

「役所に行くのは緊張してしまう」そんな方には民間の相談窓口もあります。

「愛知母子・父子福祉センター」では、仕事や生活などひとり親家庭のお悩み全般の相談を受け付けています。

お気軽にお電話ください。

◆愛知母子・父子福祉センター

名古屋市北区金田町3-11

TEL 052-915-8862(月~金 9:00~17:30※祝日・年末年始は除く)

※弁護士による法律相談や養育費、お仕事に特化した相談も受付けています。詳しくはホームページをご覧ください。

社会福祉法人 愛知県母子寡婦福祉連合会ホームページ

http://aiboren.jp/center/consult/entry-21.html

~~~~~~~~~~~

「進路サポート」チャンネルでは、子どもたちのキャリア教育等を支援するさまざま情報をお届けいたします。

この記事は2020年6月24日現在、一般社団法人アスバシの情報にもとづき中部電力が作成しています。最新情報は、公式サイトでご確認ください。

【出典】

愛知県公式ウェブサイト

社会福祉法人 愛知県母子寡婦福祉連合会ホームページ

>バックナンバー一覧に戻る